主管LOM理事長挨拶

理事長辻武士

公益社団法人 福井青年会議所

第57代理事長 辻 武志

本年、全国城下町シンポジウムを公益社団法人福井青年会議所が主管し、福井市において開催させていただく事になりました。福井県内での本大会の開催は、史上初めてとなります。
福井市は、戦国時代に朝倉氏の築いた一乗谷、柴田勝家が開いた北ノ庄城、徳川家康の次子でもあった結城秀康の開いた福井城と次代の異なる3つの城址を有し、全国有数の城下町として栄えてきました。そのため、どの地域にも負けない長い歴史の中で培われてきた伝統、文化、産業をはじめとする多岐の分野において歴史資源が数多く存在します。

戦火の影響等もあり、天守閣は現存していませんが私たちの住み暮らすまちに確実に残っている城下町の歴史や資源を呼び覚まし、今の残る城下町の歴史がつくりあげてきた福井の精神性を次代につないでいきたいと考え、今回の第36回全国城下町シンポジウム福井大会では振氣一点~次代へ紡ごう 城下町のLEGACY~をテーマして本大会を開催させていただきます。
幕末という歴史の変動期において重要な活躍をした福井の地に残る精神性に触れていただくことで、現代という混迷期において日本人が有すべき精神性を再確認していただき、各地のまちづくりのあり方について考えていただくような機会とすべく、大会構築をすすめてまいりますので是非、多くの方に会場に足を運んでいただきたいと思います。
皆様のご来場を心よりお待ちしております。

関連記事一覧

  1. 御礼
  2. チラシ
  3. HP
  4. 全城連

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP